2017年04月10日

住宅ローン借入5年目(2016年度)の繰上返済額と効果

2016年度の家計簿を公開したところで、住宅ローン借入5年目となる2016年の住宅ローンの繰上返済の額とその効果がどれほどだったかもあわせて公開いたします!

『2016年度の家計簿』はコチラです
過去の繰上返済の記事については以下の記事を参照ください。
『2012年の住宅ローンの繰上返済の額と効果』
『2013年の住宅ローンの繰上返済の額と効果』
『2014年の住宅ローンの繰上返済の額と効果』

2016年度の住宅ローンの繰上返済した額
親世帯と合わせた二世帯家計からは233万円

さらに、私たち夫婦2人の貯金から100万円

合計で333万円でした!!!

意図せずゾロ目です。

333万円のうち100万円は1ヶ月遅れて実質2017年度の4月に繰上返済をいたしました。
実は2016年4月時点の住宅ローンの繰上返済の記録を残していなかったため、
2016年度1年間の繰上返済の効果を確認することができません。

そのため、2015年度5月から207年度4月までの2年間の繰上返済の効果を見ていきます。

2年間で580万円繰上返済したときの利息減少の効果は64万円でした!


2012年度に400万円を繰上返済したときの利息減少は210万円。(52.5%)
2013年度に286.7万円を繰上返済したときの利息減少は111.5万円。(38.9%)
2014年度に320.8万円繰上返済したときの利息減少の効果は71.5万円。(22.3%)

そして2015〜2016年度は580万円繰上返済して利息減少の効果は11%。
当初の50%から段々と繰上返済の効果を感じにくくなってきました。
しかし、2年で確実に10%以上のリターンを得られる金融商品もなかなかありませんので、それでもよいほうかもしれません。


最初に繰上返済をしなかった時の利息額を計算するとその額562万円でしたが、
ここまでで457万円もの利息が減少しました!!
(2012年度の210万円+2013年度の111.5万円+2014年度の71.5万円+2015〜2016年度の64万円)
住宅ローン返済3年目にして81%もの利息が浮きました!
詳しい『住宅ローンの借入先と借入金額』はコチラです

ここまで順調に返済を行い、定期的な返済を含めて、
2100万円の借入額を159万円まで減らすことができました。
5年で住宅ローン完済を目指す我が家ですが、今年中には間違いなく完済出来る見込みです!


住宅ローン借入れ当初は、2100万円を10年以内で返そうと考えておりましたが、繰上返済をはじめてみると、その凄さに気づき、5年で返済完了しようと思い、ようやく残高1割以下まで返済することが出来ました。
残りわずかですが、あと少し気を引き締めて2017年度も繰上返済を行っていきたいと思います!

何度もブログで書いていますが、利息減少の効果は
繰上返済金額×利率(年利)×残りの返済年数
でアバウトに計算することができますので、繰上返済に興味がある方はぜひ計算してみてくださいね。
posted by にゃんこ at 22:06| Comment(0) | 住宅ローン | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年04月07日

2016年度の家計簿公開★

こちらのブログでは親世帯と二世帯同居を始めた2012年度の家計簿から公開をしていますが、
今日は2016年度の家計簿を公開いたします★
『2012年度の家計簿』はコチラです
『2013年度の家計簿』はコチラです
『2014年度の家計簿』はコチラです
『2015年度の家計簿』はコチラです

家計簿をご覧になる前に、我が家の家計管理の方法が気になる方は、
コチラをご参照ください♪
『夫婦の家計管理の仕方』
『親世帯との家計管理の仕方』


2016年度は私の両親と二世帯同居を始めて5年目の年となりました。
夫婦と二世帯の家計簿と、2つの家計簿をつけているので、我が家には2つ家計簿があります。
それぞれの家計簿について、費目ごとに公開いたします!
2016年度の家計簿は、2016年4月〜2017年3月までの1年間を1年度としています。
昨年との比較をするために、2015年度の数字は()で記しておりますので、
どこが増えてどこが減ったのかもあわせてみていこうと思います。

■両親との二世帯家計簿(2016年度)■

【収入】 3,720,000円(3,720,077円) 
   昨年から生活費は我が家月16万円、親世帯月15万円の合計31万円
   となっております。

【支出】 4,262,388円(3,434,740円)
・住宅ローン 3,098,509円(2,223,470円)
  -定期返済 764,509円(811,470円)
  -繰上返済 2,334,000円(1,412,000円)
・電気/ガス/水道 254,976円(283,904円)
・食費 496,883円(407,830円)
・生活用品 79,471円(78,047円)
・通信費 76,959円(76,339円)
・税金/NHK/保険 179,990円(77,690円)
・その他 75,600円(287,460円)

【貯金】 -542,388円(285,337円)
【貯金+繰上返済】 1,791,612円(1,697,337円)

2015年度と比較すると収入は横ばい、今年度は今までの貯金をほぼ全て住宅ローンの繰上返済にあてたため、貯金はマイナス54万円でしたが、繰上返済を考慮すると179万円と昨年よりも8万円増えた結果になりました。
細かい項目を見ていくと、
・住宅ローン+87.5万円
・電気/ガス/水道-3万円
・食費+9万円
・税金/NHK/保険+10万円
 (新築の税制優遇がなくなり固定資産税が0円から半額に増えました)
・その他-22万円
 (夫が立て替えしていた繰上返済分の返済が3ヶ月だけで終わったので昨年より減りました)

■夫婦の家計簿(2016年度)■
【収入】 7,014,466円(7,909,608円) 
・夫ぷ〜 5,497,826円(6,159,973円)
・私   1,383,201円(1,627,818円)
・その他 133,439円(121,817円)
夫の

【支出】6,258,914円(5,269,869円)
・生活費 1,920,000円(1,920,000円)
・保険 581,258円(581,258円)
・携帯代 120,000円(120,000円)
・夫ぷー小遣い 660,000円(680,000円)
・私小遣い 332,461円(347,056円)
・遊興費 2,005,567円(1,224,178円)
・化粧品/サプリ 73,964円(31,278円)
・外食 84,963円(61,235円)
・医療費 60,480円(13,770円)
・服飾費 83,787円(11,800円)
・食費 14,140円(15,596円)
・生活用品 34,004円(42,036円)
・クリーニング 16,970円(13,786円)
・その他 271,320円(207,876円)

【貯金】 755,552円(2,639,739円)


収入が90万円減に対して収入が100万円増え、貯金は190万円減と悲しい結果となりました。
2016年度は、これが海外旅行に行くのは最後だと決め3回行き、遊興費が200万円にもなりました。
海外旅行の旅行先などは『5年間の海外旅行費用』の記事に書いております。
これだけで、昨年80万円プラスになり、あとは意図的に増やしたため、他の項目も全体的に増加傾向になります。


貯金は75万円となり、年収の10%で結婚して1年で一番少ない貯金額となりました。

貯金はかなり少なかったですが、ここから赤字覚悟で繰上返済は100万円いたしました。

2016年度は繰上返済をかなり行い、二世帯家計簿は赤字、夫婦の貯金も少なく繰上返済をすると赤字となりましたが、2017年度はいよいよ住宅ローンも終わりますし、夫婦の貯金ももう旅行は封印しますので、巻き返しの1年にしていきたいと思います!
posted by にゃんこ at 21:58| Comment(0) | 家計簿 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年04月04日

少しでもお得に生命保険に加入したい【お宝保険は存在する?】

前回のの記事で、『生命保険で貯金は果たしてお得なのか?』ということについて考え、
個人的には生命保険で貯金についてはデメリットも多く否定的な意見を述べております。

それでも、我が家が多額の生命保険に加入しているのは、
中にはお得だと思う生命保険も少なからず存在するからです。

そもそも『お得な保険』やよく言われる『お宝保険』とはどういう保険なのでしょうか?
これは『運用の利率が高く貯蓄性が高い=支払った保険料以上の大きなリターンが得られる保険』のことをさすことが多いです。

今はどんどん保険の予定利率が低くなっており、昔に加入した生命保険は利率が相対的に高くなっているため、昔に加入した生命保険はお宝保険と言われることが多いかもしれません。

今回は、我が家が加入している、個人的にお得だと感じた生命保険について、
2つご紹介したいと思います。

■個人年金

私の父は今年還暦を迎え、個人年金を受給するようになりました。
父が受給する個人年金は、支払った保険料の2倍以上の額が貰えるまさにお宝保険でした。
30年以上前に加入すれば、元本の2倍以上になったわけですが、
現在は30年加入したとしても受給できる額が支払った保険料の1.2倍程度にしか増えません。
単純に複利計算で年利にすると1.2%です。
今は利率が下がったため、個人年金もあまり魅力を感じる商品ではなくなってしまいました。

そんな中、私が加入した個人年金は東京海上日動生命保険の商品です。
・年額 82,200円で28年間支払い
・総額236万円の保険料に対して受け取れる年金は年30万円
10年間受け取れるので、金額をみると1.27倍に増えることになります。
これでも個人年金では一応利率が一番よいとお勧めされました。(4年前当時)

これだけだと普通の個人年金ですが、これよりも利率を良くする裏技が存在します。
保険料の支払を11年でやめ、払済保険にしてしまうことによって、
支払保険料は93万円で60歳から受け取れる年金は毎年14.4万円で総額144万円。
受給できる額が支払った保険料の1.5倍近くに増えるのです。

私はこの裏技で個人年金に加入することにいたしました。
11年で払い済みにするため、11年しか控除は受けられないですが、その分支払い保険料の総額は減りますし、
30年加入して総額236万円の保険料だと支払いが大変ですが、93万円ならなんとか支払うことができますので、そういう意味でもこの個人年金の入り方は私には合っておりました。

全ての会社の個人年金がこの方法を使えるわけではないこと、
加入した4年前とは情勢が変わってそこまでお得感があるかわからないこと、
払う期間は11年でも預ける期間は60歳までになるため、
この方法で個人年金に加入する際はよく調べてから行ってくださいね。


■収入保障保険
先日のブログに「夫の生命保険金額はいくらが妥当?」 という記事を書きましたが、
遺族年金などを考慮して、我が家は「月額15万円の収入保障保険」に加入しております。

現在加入している保険は、
保険料 : 年113,000円 (月9,400円)
保険料払込期間 : 60歳まで
保障期間 : 80歳まで

収入保障保険は保障期間が60歳や65歳までで設定されているものが多いですが、
こちらは保障が80歳まで続く変わった保険になっています。

そしてこの収入保障保険の最大の特徴は、
払込みが終われば払込んだ保険金以上の返戻金が戻ってくる=返戻金があるタイプの
収入保障保険なのです。

普通、収入保障保険は掛け捨てのものが多いですが、80歳まで保険期間があることにより、
60歳時点で残っている保障分が返戻金となるようです。
60歳までの払込金額は約340万円で、返戻金は約380万円と、
払込みが終わった61歳には、なんと払込んだ保険金の110%以上の返戻金があります。

夫が61歳になるまで、保険会社がつぶれずに残っているか、61歳になるまで解約せずに払い続けられるかはわかりませんが、月々1万円の保険料であれば負担も少ないですし、かりに戻ってこなくてもその期間保険はきいていたため、諦めがつくかなと感じています。

ちなみにこの保障期間が80歳までOKな保険を扱っている会社はなかなかなく、
5年前の保険加入時に裏技が使えた保険会社は、調べたところ2社しかありませんでした。
そして、そのどちらの会社ともお得な商品=保険会社が売り止めになってしまい、
この商品はなくなってしまい、今ではお宝保険となってしまいました。

貯蓄性の高いお得なお宝保険は、一昔前でなくとも存在はしております。
(少なくとも私が生命保険の加入を検討した4〜5年前には存在しておりました)
もしお得だと感じる保険商品に加入しようと思ったら、いずれ無くなる可能性もありますので、
本当に加入し続けられるのか、本当にお得なのかを考慮したうえで、早めの検討をお勧めいたします!
posted by にゃんこ at 22:29| Comment(0) | 保険 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする