2017年03月02日

住宅ローン借入1年目(2012年度)の繰上返済額と効果

2012年度の家計簿を公開したところで、住宅ローン借入3年目となる2014年の住宅ローンの繰上返済の額とその効果がどれほどだったかもあわせて公開しようと思います!

『2012年度の家計簿』はコチラです


2012年度の住宅ローンの繰上返済した額
親世帯と合わせた二世帯家計からは180万円

さらに、夫婦2人の貯金から100万円

さらにさらに、私の個人的な貯金から120万円

合計で400万円でした!!


そして400万円の住宅ローンの繰上返済により減少した利息の額はなんと210万円でした!
なんと繰上返済額400万円の半分以上の利息軽減の効果があるのです。
『繰上返済の効果』については、コチラの記事で書いてわかってはいましたが、
1年間通して繰上返済をしてみると、その効果の大きさにあらためて驚かされました。

最初に繰上返済をしなかった時の利息額を計算するとその額562万円でしたが、
ここまでで210万円もの利息が減少しました。

なんと住宅ローン返済1年目にして37%もの利息が既に浮いてしまったわけです
詳しい『住宅ローンの借入先と借入金額』はコチラです

当初は毎月10万円を5年間(5年で600万円)繰上返済返したときの利息減少は
270万円とシミュレーションしていましたが、
初年度で400万円繰上返済することができたので、既に210万円と大半の利息減少の
効果が得られました。

以前にブログで書いていますが、住宅ローンの利息減少の効果は
繰上返済金額×利率(年利)×残りの返済年数
でアバウトに計算することができます。
残りの返済年数が多ければ多いほど、利息減少の効果が大きいことが計算式を見ればわかりますが、
今回みたいに契約初年度の場合であれば、利率によっては繰上返済額の半分以上の利息軽減の効果が得られることもあるのです★
簡単に計算することができますので、繰上返済に興味がある方はぜひ計算してみてくださいね。

住宅ローンの契約初年度となる2012年度は目標以上に繰上返済ができましたので、
2013年度も気を引き締めて繰上返済を続けていこうと思います。

住宅ローンの残高も残り6割となりましたが、2014年も気を引き締めて返済を続けていきます!
posted by にゃんこ at 08:00| Comment(0) | 住宅ローン | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: