2017年04月04日

少しでもお得に生命保険に加入したい【お宝保険は存在する?】

前回のの記事で、『生命保険で貯金は果たしてお得なのか?』ということについて考え、
個人的には生命保険で貯金についてはデメリットも多く否定的な意見を述べております。

それでも、我が家が多額の生命保険に加入しているのは、
中にはお得だと思う生命保険も少なからず存在するからです。

そもそも『お得な保険』やよく言われる『お宝保険』とはどういう保険なのでしょうか?
これは『運用の利率が高く貯蓄性が高い=支払った保険料以上の大きなリターンが得られる保険』のことをさすことが多いです。

今はどんどん保険の予定利率が低くなっており、昔に加入した生命保険は利率が相対的に高くなっているため、昔に加入した生命保険はお宝保険と言われることが多いかもしれません。

今回は、我が家が加入している、個人的にお得だと感じた生命保険について、
2つご紹介したいと思います。

■個人年金

私の父は今年還暦を迎え、個人年金を受給するようになりました。
父が受給する個人年金は、支払った保険料の2倍以上の額が貰えるまさにお宝保険でした。
30年以上前に加入すれば、元本の2倍以上になったわけですが、
現在は30年加入したとしても受給できる額が支払った保険料の1.2倍程度にしか増えません。
単純に複利計算で年利にすると1.2%です。
今は利率が下がったため、個人年金もあまり魅力を感じる商品ではなくなってしまいました。

そんな中、私が加入した個人年金は東京海上日動生命保険の商品です。
・年額 82,200円で28年間支払い
・総額236万円の保険料に対して受け取れる年金は年30万円
10年間受け取れるので、金額をみると1.27倍に増えることになります。
これでも個人年金では一応利率が一番よいとお勧めされました。(4年前当時)

これだけだと普通の個人年金ですが、これよりも利率を良くする裏技が存在します。
保険料の支払を11年でやめ、払済保険にしてしまうことによって、
支払保険料は93万円で60歳から受け取れる年金は毎年14.4万円で総額144万円。
受給できる額が支払った保険料の1.5倍近くに増えるのです。

私はこの裏技で個人年金に加入することにいたしました。
11年で払い済みにするため、11年しか控除は受けられないですが、その分支払い保険料の総額は減りますし、
30年加入して総額236万円の保険料だと支払いが大変ですが、93万円ならなんとか支払うことができますので、そういう意味でもこの個人年金の入り方は私には合っておりました。

全ての会社の個人年金がこの方法を使えるわけではないこと、
加入した4年前とは情勢が変わってそこまでお得感があるかわからないこと、
払う期間は11年でも預ける期間は60歳までになるため、
この方法で個人年金に加入する際はよく調べてから行ってくださいね。


■収入保障保険
先日のブログに「夫の生命保険金額はいくらが妥当?」 という記事を書きましたが、
遺族年金などを考慮して、我が家は「月額15万円の収入保障保険」に加入しております。

現在加入している保険は、
保険料 : 年113,000円 (月9,400円)
保険料払込期間 : 60歳まで
保障期間 : 80歳まで

収入保障保険は保障期間が60歳や65歳までで設定されているものが多いですが、
こちらは保障が80歳まで続く変わった保険になっています。

そしてこの収入保障保険の最大の特徴は、
払込みが終われば払込んだ保険金以上の返戻金が戻ってくる=返戻金があるタイプの
収入保障保険なのです。

普通、収入保障保険は掛け捨てのものが多いですが、80歳まで保険期間があることにより、
60歳時点で残っている保障分が返戻金となるようです。
60歳までの払込金額は約340万円で、返戻金は約380万円と、
払込みが終わった61歳には、なんと払込んだ保険金の110%以上の返戻金があります。

夫が61歳になるまで、保険会社がつぶれずに残っているか、61歳になるまで解約せずに払い続けられるかはわかりませんが、月々1万円の保険料であれば負担も少ないですし、かりに戻ってこなくてもその期間保険はきいていたため、諦めがつくかなと感じています。

ちなみにこの保障期間が80歳までOKな保険を扱っている会社はなかなかなく、
5年前の保険加入時に裏技が使えた保険会社は、調べたところ2社しかありませんでした。
そして、そのどちらの会社ともお得な商品=保険会社が売り止めになってしまい、
この商品はなくなってしまい、今ではお宝保険となってしまいました。

貯蓄性の高いお得なお宝保険は、一昔前でなくとも存在はしております。
(少なくとも私が生命保険の加入を検討した4〜5年前には存在しておりました)
もしお得だと感じる保険商品に加入しようと思ったら、いずれ無くなる可能性もありますので、
本当に加入し続けられるのか、本当にお得なのかを考慮したうえで、早めの検討をお勧めいたします!
posted by にゃんこ at 22:29| Comment(0) | 保険 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: