2017年02月27日

夫婦の家計管理の仕方

このブログは、5年で住宅ローン完済を目指すブログになりますので、
今後は家計簿や住宅ローン・貯金の話を具体的な金額もあわせて
記載していこうと思っています。
具体的な金額の話をするまえに、その前提となる我が家の家計管理についてブログに
書いていきたいと思います!

我が家の家計管理は、
「旦那ぷーの収入と私の収入を合算して2人の生活費とし、
 個人が使うお金は小遣いとして支給する方法を取っています」

いわゆる共通財布型という家計管理の方法です。

夫ぷーの給料口座は私が管理しており、そこから毎月のお小遣いを
支給しています。
お小遣いでまかなうのは、個人的な食事代・交際費・趣味にかかる費用など。
それ以外は、基本2人の財布でまかなっています。

2人の生活費はほぼ私が管理していますが、大きな買い物の時は、
旦那にも相談して決めています。
結婚して5年以上この方法を続けてきていますが、金額について
オープンにしておりますので、今まで文句を言われたことはありません。

我が家の家計管理方法を図にするとこんな感じです
↓↓↓
fufu.png


家計管理のブログを見たり、知り合いの話を聞くと、
共働き夫婦の方は、それぞれが決まった費目を負担する方法を取る方も多いですが、
我が家は2人で貯めた貯金額と支出を全て把握したいため、
この方式が一番しっくりきていると感じています。


夫婦財布別管理、夫婦共通財布型、それぞれにメリット・デメリットが
ありますが、
私は夫婦共通財布型のよいところは、
・今後の貯金目標を立てるなど、お金に関して2人で共通認識を持ちやすい
・海外旅行など大きな支出をするときも、「2人のお金から出そう」と言いやすい
というメリットを特に感じています。


私の両親は夫婦でお財布を別々に管理し、父があるだけお金を遣い、
2人で旅行に行くと母が全部出さなくてはいけなくなるので、
2人で旅行に行くことはほぼありませんでした。
そんな両親を見ていたからこそ、夫婦のお財布は一緒にしたいと
いう思いが強かったのかもしれません。


夫婦の数によって、夫婦の家計管理の方法もあると思います。
それぞれの考え方にあった家計管理が出来ればどのような方法でもいいと思います♪
posted by にゃんこ at 21:55| Comment(0) | 夫婦の家計管理 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする