2017年04月02日

生命保険で貯金は果たしてお得なのか?

このブログでは、たびたび生命保険や貯金について記事にしてきましたが、
今回は生命保険で貯金をするのが良いのかどうかについて記事にしていきたいと思います。

生命保険で貯金を考える理由の多くは、以下の2つにあてはまるかと思います。
・子供の教育資金のため 
・老後資金のため

その場合、加入する生命保険の選択肢としては、
・子供の教育資金のため → 学資保険 or 貯蓄性のある死亡保険
・老後資金のため → 個人年金 or 貯蓄性のある死亡保険
などが思い浮かぶかと思います。

我が家も年間70万円以上保険代に費やしていた時がありました。
『我が家が年間70万円も保険代を払っている理由&生涯の保険総額』

現在は年間58万円までに減額いたしましたが、そのうちの7割以上が貯蓄性のある生命保険、掛け捨てではない生命保険に加入しているのです。
・終身保険 年355,200円 (月29,600円)
・個人年金 年82,200円 (月6,850円)

終身保険は22歳に加入した払込期間10年と20年のものに加入しており、学資保険に代用される比較的利率がよい商品に入っておりました。払込期間10年のものは今年でようやく支払いを終えることができます。

貯蓄性のある生命保険に加入している我が家ですが、
本当に生命保険で貯金を考えることがお得なのでしょうか??


生命保険で貯金を考えた場合に以下のようなデメリットが浮かび上がります。

1.満期期間まで意外と長い
貯蓄性の保険の場合、最短でも満期・払込期間は10年〜15年というものが多いです。
加入する際にこれくらいの期間なら大丈夫と思っても、実際10年や15年は長いです。
その間に病気、リストラなど何があるかわかりませんし、
マイホームの頭金などまとまったお金が必要になることがあるかもしれません。
その際、結果的に借金をしてしまったり、住宅ローンの借入額が多くなることがあれば、
生命保険で得られる貯蓄額は一気に意味がなくなります。

2.満期までに解約すると損することが多い
生命保険で貯金をする=満期後の解約返戻金が高い
→満期になるまで解約返戻金が低く抑えられる低解約返戻金のタイプであることが多いです。
自分は解約しないから大丈夫と思っても先に書いたように満期までは長く、
それまでに何があるかはわかりません。

3.支払った保険金額を自由に下ろすことはできない
銀行に預ける普通の貯金であれば、何かあったときに引き出すことができる自分のお金です。
定期預金であっても、途中解約しした場合は元本は減ることなく戻ってきます。
しかし、生命保険に加入して貯金をするとなると、満期を迎えるまでの間は、
銀行に預けている貯金とは違い、預けている額を自由に引き出すことができなくなります。
保険を解約せずに維持しながらお金を引き出したい場合は、貸付という形になり、
利息がかかります。利息は年数%と高いですので、貯金の意味がなくなってしまいます。

4.利率がいいように見えるが、全ての保険代が運用されるわけではない
現在生命保険の利率は下がる傾向にありますが、それでも銀行の定期預金などに比べたら高く設定されています。
しかし、支払う生命保険代の全てがその利率で運用されるわけではありません。
保険代から保険会社の経費が引かれ、そのわずかな残りが運用されることになります。
解約返戻金が低いのもそのためです。
利率だけみて銀行預金よりもお得と思わずに、最終的に満期後の解約返戻金は何年で何%増えるのか
年利にすると何%になるのか、を見て判断いたしましょう。

5.インフレに弱い
生命保険の利率は満期まで利率が一定の契約であれば利率は変わりません。
現在は低金利時代ですが、今後金利があがった場合、別の運用に切り替えたいと思うこともあるかもしれません。ですが、途中解約は損する可能性もあり、身動きできなくなる可能性もあります。

6.保険会社が潰れる可能性がある
満期が来る前に保険会社が潰れた場合、解約返戻金が予定よりも減る可能性があります。
その点、銀行預金は1000万円まで保証されるため、その点だけは安心ですね。

生命保険で貯金を考えるときには、
満期までに解約して損する額やリスクと、
保険に加入していることにより得られるリターン(保障内容・満期後に得られる額・年末調整時の減税額)

を総合的に判断し、保険で貯金をすることが本当にお得なのか考えることが重要です。

これから保険で貯金を考えている人がいましたら、将来のためと今無理をして加入し、
将来的に損することがないようにしていただきたいと思います。
posted by にゃんこ at 23:44| Comment(0) | 保険 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年03月29日

住宅ローンの繰上返済と住宅ローン減税はどちらがお得?【金利0.5%の場合】

以前に、『住宅ローンの繰上返済と住宅ローン減税はどちらがお得?【我が家の場合】』という記事を書きました。

我が家の場合は、30年固定金利で金利2.1%と高い金利で住宅ローンをしているため、
住宅ローン減税の恩恵を受けるよりも、繰上返済をして利息軽減したほうが断然お得という結果になりました。

では、金利が安い場合はどのような結果になるのでしょうか?

住宅ローン減税を考えずにできる限り返済した場合と
住宅ローン減税を10年受け終わった後に繰上返済をする場合

(10年間繰上返済を全くしない場合)
と、どちらがお得なのか?今度は金利を低くして考えてみましょう。

想定する住宅ローンは
借入額2000万円
10年固定金利0.5%(現在の住信SBI銀行の水準)
返済期間30年
2017年1月から借入れスタート
というものです。

■積極的に繰上返済した場合の住宅ローン減税額
2018年〜2023年の1月に毎年250万円繰上返済し、
合計1500万円繰上返済したとします。以降は繰上返済せず90ヶ月で完済。

1年目 : 19.3万円
2年目 : 16.2万円
3年目 : 13万円
4年目 : 9.8万円
5年目 : 6.7万円
6年目 : 3.5万円

受けられる住宅ローン減税の総額 : 68.5万円
支払った利息 : 35.7万円


■住宅ローン減税を10年受け終わった後に繰上返済をする場合の住宅ローン減税額

1年目 : 19.3万円
2年目 : 18.7万円 
3年目 : 18万円
4年目 : 17.3万円
5年目 : 16.7万円
6年目 : 16万円
7年目 : 15.3万円
8年目 : 14.7万円
9年目 : 14万円
10年目 : 13.3万円

受けられる住宅ローン減税の総額163万円
支払った利息 : 83.5万円


10年目に繰上返済により一括返済を行うため、支払う利息は83.5万円のみとなります。


■積極的に繰上返済した場合
受けられる住宅ローン減税の総額 : 68.5万円
支払った利息 : 35.7万円
住宅ローン減税額-利息=32.8万円


■住宅ローン減税を10年受け終わった後に繰上返済をする場合

受けられる住宅ローン減税の総額163万円
支払った利息 : 83.5万円
住宅ローン減税額-利息=79.5万円

結果を比較すると以上のようになりました。

なんと低い金利で借入れをしている場合は、いずれのケースでも住宅ローン減税の恩恵が利息を上回る!
そして、住宅ローン減税を10年受け終わった後に繰上返済をする場合のほうが、得られる金額が50万円近くも多いという結果になりました!!


実際はこのように計画通りうまくいくかはわかりませんが、
金利が低い住宅ローンの場合は、繰上返済を焦らずに、できる限り貯金をしておいて、
もし住宅ローン減税終了後に一括で返済できるようなら返済する!

というくらいの心積もりでよいのかもしれません。

ただ、繰上返済をしても住宅ローン減税の恩恵のほうが利息よりも上回りますので、
性格的に早く返済してしまいたいと思っても、それはそれで損をしない結果となりました。

我が家の場合とは全く逆の結果となりましたので、住宅ローンは金利で大きく変わるということがあらためてわかりました。
posted by にゃんこ at 22:28| Comment(0) | 住宅ローン | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年03月27日

夫の5年間の年収推移と職歴を大公開

今日から夫が新しい会社に転職いたしました。
これで転職は3度目。4社目となります。

あまりに転職回数が多い夫に若干呆れ気味ではありますが、
結婚した2011年から2015年までの夫ぷーの5年間年収推移を大公開してしまいます。

【額面(税込年収)】
2011年 473万円
2012年 564万円
2013年 728万円
2014年 903万円
2015年 865万円

こう見ると、5年間でかなり年収が変化しているのがわかるかと思います。

夫ぷーは新卒から2013年まではコンサルタントとしてコンサルティング会社で働いていました。
そこで、同じ職場で私と知り合い結婚したわけですが、激務の割りにお給料はなかなか上がらず、
(2ヶ月休みなしでも裁量労働のため残業代一切なしのある種のブラック企業)
優秀な若手からどんどん転職していくので、事情をよく知る私は結婚当初から転職を勧めていました。

そして、2013年4月にようやく転職。
未経験ですが、当時はやりのIT企業で業務改革などを行う部署に採用され、転職時のオファー年収750万円まで上がりました。
額面で200万円近い年収アップ、終電近くまで働くことも多かったですが、
それでも家にほぼ仕事を持ち帰らず土日も休め、夏休みも休めて旅行にいける状況になって満足はしていました。
夫の年収は、入社して半年くらいで750万円から770万円にすぐ上がり、最後は幸運にもオファー年収930万円まで上がりました。
2014年には470万円台だったため、実質3年で2倍にすることができました。

ところが、業績悪化や経営不振などで転職したいと言い出す夫。
先に退職していた先輩がある企業の役員として転職したと言い出し、こちらと向こうの会社のタイミングd半年その会社へ転職してしまったのです。(私の意見は殆ど聞かずにね・・)

転職したのは2015年7月。
同じIT系ですが会社の規模が小さいため年収はかなりダウン。
200万円以上ダウンのオファー年収730万円まで下がりました。
その後少しだけ年収が上がりはしましたが、前の会社の年収にははるか及びません。

その会社も経営不振、たて続く退職で転職を考えていたところ、前職のIT企業のときに上司だった人のオファーで、別の会社に転職することになりました。
それが今日から入社する会社です。
実は2社目の転職活動のときに受けて選考途中で辞退した会社なので、ご縁があったのでしょうね。
年収は現在とほぼ同じくらいですが、頑張りによってはかなり伸びるそうですが、ダウンする可能性もあります。
これからの年収は本人の頑張り次第ですね。

夫は基本ついていない人間なので、入った会社全て入社後に業績不振となっています(笑)
私自身は年収はあるにこしたことはないですが、年収よりも安定を求めているので、
2年刻みで転職を繰り返すのだけは避けてほしいなと思います。
今回の会社は堅実な会社ですので、経営不振だけは勘弁してほしいですね!
posted by にゃんこ at 13:32| Comment(0) | 家計簿 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする